臨床の原点

カウンセリングルームぽこあぽこは、2020年5月に産声を上げました。

心理療法のEMDRを専門とするカウンセリングルームですが、私がEMDRと出会ったのは、岡山県の「国定病院」でのことでした。

国定病院では、外来で、年間600セッション以上のカウンセリングをしながら、入院患者様との関り、様々な心理検査、産業医契約先の企業や施設、院内でのメンタルヘルスの講習会、近隣の福祉施設での集団心理療法や音楽療法、入院患者様に向けての音楽療法等々に携わってまいりました。

目まぐるしいような臨床の日々の中で、患者様にとってのEMDRのニーズを痛切に感じ、日本EMDR学会が開催するトレーニングを受けたのを、つい昨日のことのように思い出します。

そのようにトレーニングを受けたり、学会や継続研修会に参加しながら患者様にEMDRという心理療法を通して関わることができたのは、国定病院院長の懐の深さだったと、改めて感謝の思いを強くしている今日この頃です。

心理士が自主的に学習を進めることを見守り、フォローしてくださり、自由な雰囲気の中で臨床を重ねることができました。

院長からは、「患者様を中心に」という姿勢が、常に伝わっておりました。

これから、国定病院で鍛えていただいた精神性を大切に、「ぽこあぽこ」をクライエント様に喜んでいただけるカウンセリングルームに育てていきたいと思っております。

🌼国定病院院長からいただいたお花🌼

※病院名やお名前を記載することの許可を得ております。

臨床の原点
トップへ戻る